iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhone XのFace IDは不評!?故障すると使用できなくなることも

[2017/11/05]

 

こんにちわ!

iPhone修理専門店

ダイワンテレコム大宮店

修理スタッフのYKです。

 

 

 iPhone Xが発売されて2日が経過しました。

 

 

 既に耐水性能テスト落下テスト、更には購入して即分解するなど世界各国で行われており、現時点ではiPhone Xの新しい仕様に賛否両論の意見が飛び交っています。その中でも多く寄せられているのがTrueDepthカメラによるFace IDの仕様についてです。ダイワンテレコム大宮店では発売前日にFace IDとTouch IDの違いについての記事を投稿しましたが(Face IDとTouch IDどっちが早いのか?)、やはりiPhoneXを購入された多くのユーザーは、Touch IDよりも認証時間が遅いことに不満を抱いているようです

 

 Touch IDの場合、ホームボタンに指を添えるだけで簡単にロックを解除することができましたが、Face IDでは注意知覚機能が目を開けた状態でデバイスユーザーが意識してみているかを否かを判断しているため、寝ている顔、目を閉じている状態、更にはマスクをつけた状態では認証できないように設計されており、簡易にロックを解除するこができないようになっています。しかし、Face IDを使用したユーザーの中には、1回でロックを解除することができず数回認証を失敗することに苛立ち、結局手動で番号を入力している方も少なくはないようです。更には「Touch IDも搭載して欲しかった」という意見も多く寄せられており、現時点では不評の意見が多くを占めているように感じます。

 

 Face IDは動画サイトYouTube”で”双子でも識別するのか”、”化粧をしていても解除できるのか”、”メガネなどのアクセサリーをつけていても解除できるのか”といった検証動画が多く投稿されており、YouTube上でFace IDの精度がどれほどなのかを確かめることができます。しかし、海外ユーザーが投稿したTwitterによると、双子ではない4歳違いの兄弟でも顔認証のロック解除に成功している事例があり、Face IDの精度に懸念が寄せられています。

 

 Face IDはTrueDepthカメラで顔を立体的に読み取ることが出来るようになっていますが、こちらも以前投稿したブログで予想した通り、故障してしまうとFace IDが使用できなくなってしまうようです。動画サイト”YouTube”では、落下テストの検証動画が投稿されており、どれほどの落下に耐えることが出来るのかを確認することができます(iPhone X Drop Test!)。 

 検証結果では以前のiPhoneモデルよりも落下に耐えることが証明され、これは表面のガラスではなく、フレームの性質が大きな鍵を握っているようです。しかし、iPhone Xの落下テストでは外観に割れや打痕はなく、ほぼ無傷の状態でしたが、Face IDが使用出来なくなってしまったようです。これはTureDepthカメラが落下の衝撃(外圧)に弱いことが考えられ、Touch IDと同様にTureDepthカメラはiPhone本体固有のIDで連動している可能性があるので、TrueDepthカメラを取り替えても改善しないかもしれません。Face IDを使用出来るように改善するには、本体を交換する必要があるので、iPhoneXを購入される場合にはAppleCare+を追加することを当店では強くおすすめします。

 

 

大宮店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険