iPhone修理のダイワンは安さ・技術・部品品質で地域No.1修理業者を目指しています!

iPhoneの修理・不具合はダイワンで即日解決!

フリーダイヤル 03-6911-4645
店舗見出し背景

iPhone XRで3D Touchを利用できないのは残念

[2018/11/02]

iPhone修理のダイワンテレコム新宿店です。

2015年9月9日、サンフランシスコで開催された「Special Event September 2015」において、iPhone6s/6sPlusの新機能としてデビューした「3D Touch」ですが、2018年の最新モデルの中で最も人気を得るだろうと言われるiPhone XRには搭載されませんでした。

 

Appleは独自の調査によって、3D Touchがあまり活用されていないという結果からiPhone XRへの搭載を見送ったと言われていますが、筆者としてはAppleは少々早まったかな?と感じます。

 

日々のiPhone生活に溶け込んでいる3D Touch

3D Touchは、日々のiPhoneとの生活の中で特に目立つ存在ではありません。

iPhone6sに初めて搭載された当時は、何とか3D Touchを使うチャンスを作ろうと色々と試してみたりもしましたが、徐々にその存在はiPhoneとの生活の中に溶け込んで目立たなくなっています。

 

しかし、それは「使わない」「必要ない」と言う事ではなく、便利機能としてあまりに自然に操作の中に溶け込んでしまっているだけで、いざ3D Touchが無くなるとなれば、それはそれは不便です。

 

幸い、筆者が購入したXSには3D Touchが搭載されていますが、もし搭載されていなかったら、という仮定で1日3D Touchを使わないようにしてみたところ、それまで3D Touchで何気なく処理していた動作の操作回数が増える事で、案外面倒くさいものだな…という印象を持ちました。

 

こんな場面で3D Touchを何気なく使っている

意識してみると、最も多用していたのはWi-FiやBluetoothのON/OFFでした。

「設定」アプリを3D Touchすると、設定メニューの中の「バッテリー」「モバイルデータ通信」「Wi-Fi」「Bluetooth」が表示され、各々の設定画面へジャンプする事ができます。

 

通常の設定画面からの操作より僅か1アクション少なくなるだけですが、日々の膨大な操作の中で4種類の動作に1アクションずつ操作が減るのは決して小さいことではありません。

 

iPhone XRに3D Touchが搭載されない事については、LINEを既読と付けずに読めなくなる事を取り上げているケースが多いようです。確かにあれば便利ですが機内モードなど他の方法もあるので、筆者としてはあまり気になりません。

それよりは、Wi-Fi/Bluetoothの切換えをはじめ、様々な「操作の簡略化」ができない事が大きいと感じました。

例えば、受信したメールの内容を確認する際にも、仕事や家族・友人からのものでない場合に、自分にとって有用な内容かどうかを確認するには、3D Touchは非常に有用です。

指で押し込んだ状態で内容を確認し、必要であれば指を離せば元に戻り、不要であればそのまま左へスワイプすれば削除まで2アクションで完了できます。

 

また意外と多用していたのがカメラアプリの3D Touchでした。

カメラアプリを3D Touchすると、「ポートレート」「QRコード」「ビデオ」「セルフィー」を選択してカメラを立ち上げる事ができます。もちろんカメラアプリを起動してから切替える事はできるのですが、はじめからモードを指定して立ち上げられるのは意外に便利です。

特にセルフィーでの撮影時には起動した段階でインカメラが起動します。

なお、通常の写真モードは「QRコード」を指定すればOKです。

 

結果的にない機能を云々しても始まりませんが、あえて3D Touchがない事を想定してみると、思っていた以上に3D Touchの利用シーンは多い事に気づきます。しかし普段はほとんど意識なく使っており、いかに日々のiPhone生活に馴染んでいるかを改めて実感した次第です。

source:Apple Developer

新宿本店のブログ一覧

iPhone買取
携帯・スマホ販売
データ復旧・復元

iPhone5Sのパネル交換を3分で!?

iPhone5のパネル交換を2分半で!?

iPhone修理 代理店募集
モバイル保険