iPhone13はカメラが巨大化の可能性!?

朝霞、和光、新座、さいたま、戸田、練馬区周辺にお住いのみなさま!

こんにちは、iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店でございます!♪

 

皆さんは今年発売予定のiPhone13のカメラが従来のものよりも

巨大化する可能性が出てきたことを知っていますか??

 

今回のブログでは、そんなiPhone13のカメラに関する噂をご紹介します!

カメラユニットの表面積が1.5倍以上に!?

昨今のiPhoneは、カメラ性能の向上と共に表面積も大きく変化していき

11,12シリーズではかなりの表面積で目立っていました。

それが13にもなるとり更に大型化、レンズの突起は約2倍にまでなるみたいです!!

 

簡単にその大型化した数値をご紹介しましょう。

 

まず、カメラユニットの突起が12シリーズでは1.5~1.7mm程度でしたが、

これが13では2.51mm13Proでは3.65mmにまでなるみたいです!

 

更に、ユニットの面積は13では29×29mm13Proでは36×37mmにまでになり、

12Proと比べると表面積はなんと1.5倍にまで大きくなります!!

こうユニットの面積が異なってくると、

13と13Proではケースの互換性もなくなる可能性が高いのです!

購入する機種によってケース選びも注意が必要ですね。

今後も気になるiPhone13!

iPhone13は他にも色々な噂があり、

超広角レンズの暗所撮影性能が劇的に向上すると言われていたり

13の期待値も高まり楽しみが増すばかりですね!!

 

 

それではまた、次のブログでお会いしましょう~!

 

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

351-0005
埼玉県朝霞市根岸台3丁目20カインズ朝霞店 2F

070-1303-2774

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中