アプデ前に容量を確認しましょう!

[公開日:2022/10/27]

黒石や、弘前五所川原など、青森市周辺にお住まいの皆さんこんにちは!

 

iPhone修理ダイワンテレコムサンロード青森店です!

 

ここ最近、IOSのアップデートがたくさんあり、容量が少ないと、アップデートに失敗し、リンゴーマークの画面が出ては消え…を繰り返すリンゴループになってしまいます。

 

それらを対策するためにはどうしたらいいのかを、解説していきたいと思います!

容量とは

iPhoneには、ストレージと呼ばれるデータを保存するためのパーツがあります。

そのストレージには、写真や動画、iPhone本体を動かすためのプログラムなど、さまざまなデータが入っています。

もちろん、アップデートをする際に、ダウンロードしているデータも、ストレージに入ります。

容量をコップに例えると、データは水なのです。

容量が足りないとアップデート後にリンゴル ープになってしまう原因

アップデートをすると、さらに容量をとってしまうので、ギリギリの容量でアップデートをしてしまうと、起動する際に、動作が重くなりすぎて、起動せずに、リンゴループを起こしてしまってる可能性が高いです。

また、ストレージの容量が足りず、iOSを新しいバージョンに変えることができず、中途半端な状態で失敗してしまい、起動できなくなっているというケースもあります。

どうしても消したくないデータがたくさんあるんだけど、どうしたらいい?

絶対にどれも消せない、どれを消していいのかわからないなんてこと、あると思います。

その場合、iCloudにバックアップや、データをそのまま預けちゃえば、本体からは消すことが可能です。ゲームも、アカウント情報と、IDさえ覚えておけば、後からデータはちゃんと取り戻せるので、アプリをアンインストールしてしまいましょう。

まとめ

ここ最近、iOS16にして、不具合が起こってしまったというお客様を十数名確認しまして、少しでも、対策の仕方を伝えられたらなと思い、解説しました。

 

データの初期化や、バージョンアップ失敗後の対応も当店では可能です!

もしも、お客さまのお持ちの端末に何か気になる点がございましたら、お気軽に当店へお越しください!

Photo:写真AC

この記事を書いた店舗情報

サンロード青森店

030-8533
青森県青森市緑3丁目9-2サンロード青森2階

070-3209-7849

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧