LG、スマホ事業から撤退し、有機ELディスプレイパネル事業に重点か?

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場でございます。
Androidでも様々な機種がありますよね。XPERIAやGalaxy、Huaweiなど・・・。

そんな中Androidの端末を販売している韓国メーカー、LGがスマホ事業から撤退し有機EL(OLED)パネルの販売のみに重点を置くのではと噂が流れています。

OLEDとPOLED事業を拡大

 LGは今後、液晶ディスプレイパネル事業を再編する一方、OLEDおよびモバイル用プラスティックOLED(POLED)事業の拡大を計画していると、LED専門メディアLEDinsideが報じました。

2020年のLG Displayの営業利益は291億ウォン(約29億円)の赤字でしたが、第3四半期(7月〜9月)、第4四半期(10月〜12月)の黒字化により、年間の赤字額は予想より大幅に減少しました。

2021年は、OLEDディスプレイパネルの出荷量が増加することで、黒字化すると期待されています。

モバイル用途でOLEDより優れるPOLED

 POLEDは液晶ディスプレイよりも薄く、耐久性に優れています。POLEDの素材はガラスとプラスチックです。

POLEDは、OLEDよりも柔軟で軽くて薄く、製造コストが低く、対衝撃性能に優れ、寿命が長いとLEDinsideは説明しています。

source:LCDinside

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中