Kyashが待望のApple Payに対応 ポイント2重取りも可能


[公開日:2020/04/07]

iPhone 修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

iPhone・Androidで利用できるウォレットアプリ「Kyash」で利用できるKyash Visaカードが、4月7日より、Apple Payと連携して使用できるようになりました。

 

Apple PayでKyash Visaを利用できるのはiOS10.1以降をインストールした「iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XR、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max」およびApple Watch Series2 以降になります。

Kyash Visaは全国のコンビニやドラッグストアなどのQUICPay+加盟店(約国内端末数113万台)にて利用できます。

Kyashで利用できるVisaカードは「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」の3種がありますが、その全てでApple Payとの連携が可能です。

 

Kyash とは

「Kyash Visaカード」は、iPhone・Androidに対応する、プリペイド式のキャッシュレス決済が行えるウォレットアプリです。

「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」の内から利用するカードを選ぶことができ、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」についてはリアルカードの発行があり、Kyashアプリ上でカードの利用履歴や利用上限設定、オンライン決済のオンオフ、カードのロックを行うことができます。

「Kyash Card Virtual」はオンライン専用のバーチャルカードとなっており、本人確認不要で、登録後はすぐに利用が可能、もちろん上記の利用履歴や設定もアプリ上で確認することが可能です。

 

Apple Pay連携のKyashでポイント2重取り、3重取りも

Kyash Visaは高い還元率という特徴があり、Kyash だけでも決済金額の1%をKYASH POINTとして還元するサービスがあります。

 

・Kyash Card  ‐ 1%

・Kyash Card Lite ‐ 4月30日まで1% 以降は0.5%

・Kyash Card Virtual ‐ 0.5%

(Kyash Card Virtualでもリアルカードを発行が可能で、その場合1%の還元)

 

さらにプリペイド式のため、残高チャージに利用するクレジットカードの還元と合わせることでポイント2重取り、さらにQRコードアプリ決済と連携することでポイントの3重取りも可能となっています。

KyashがApple Payに対応したことにより、iPhone・Apple WatchユーザーでもKyash Visaが非常に使いやすくなり、さらにポイントの多重取りでお得に利用できるようになります。

Kyash は2018年10月より Google Pay に対応していましたが、「iPhoneでKyash Visaを利用したい」という声が多数あったために、待望の連携対応となります。

 

Kyash を Apple Pay と連携する方法

Kyashアプリより設定する

Kyashアプリを起動し、ウォレット画面中央のバナー「Apple Payを設定」をタップする。

 

・Walletアプリより設定する

Walletアプリを起動し、右上の[+]からKyash Visaを設定する。

source:Kyash

Photo:Kyash

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧