【iOS14.5】iPhone11シリーズのバッテリーが再調整される

皆さんこんにちは!ダイワンテレコム宇都宮店です!

筆者はiPhone11を使用しております。先日iOS14.5にアップデートしました。

 

iPhone11シリーズは、バッテリーのバグが報告されていて、

iOS14.5では、iPhone11シリーズのバッテリー劣化状態を推定するシステムのバグが自動で再調整されます。

再調整のプロセスには数週間かかる場合もあるとのことです。

 詳しく解説していきたいと思います!

iPhone11シリーズのバグをiOS14.5で修正

iPhoneやiPadに使われているリチウムイオンバッテリーは、使用を続けると徐々に劣化し、充電できる容量も低下します。

iPhoneやiPadでは、バッテリーの劣化状態をユーザーが簡単に確認可能です。

 

バッテリーの状態は、「設定」アプリからバッテリー>バッテリーの状態と進むことで確認できます。

ここに表示される「最大容量」は、使用に伴い劣化するリチウムイオン電池の性質を踏まえた、新品時と比較したバッテリーの容量を示しています。

 

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxでは、

実際よりもバッテリーの劣化が進んでいると報告されるバグが確認されており、iOS14.5ではこの問題を修正しています。

 

「バッテリーに関する重要なメッセージ」とは

iPhone11シリーズをiOS14.5にアップデートした後に、

「設定」アプリからバッテリー>バッテリーの状態を開くと、「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されます。

(筆者は今この状態です。アップデートから約1週間経ちましたが…)

 

この「重要なメッセージ」が表示されている期間は、iPhone11シリーズのバッテリーの再調整プロセスが進行中です。

 

この再調整処理は、定期的な充電サイクルの間に自動で行われ、完了までに数週間必要となる場合があります。

 

再調整処理が終わると「バッテリーに関する重要なメッセージ」の表示が消えて、

バッテリーの最大容量とピークパフォーマンス性能の表示が更新されます。

 

再調整の結果、バッテリーの劣化が進んでいることが判明した場合には、バッテリー修理サービスを案内するメッセージが表示されます。

 

再調整できない場合、バッテリーを無償交換可能

万が一、バッテリーの状態報告システムを再調整できなかった場合には、

Apple正規サービスプロバイダでバッテリーを無償交換するよう促すメッセージが表示されます。

 

このメッセージが表示されても安全性には問題ありませんが、バッテリーを無償交換することで最大のパフォーマンスと容量を取り戻すことができます。

 

iPhone11シリーズをお使いの方は、一度確認してみてくださいね!

 

source:iPhone Mania

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-0904
栃木県宇都宮市陽東6丁目2-1 ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中