新型iPhone14にソニー製4,800万画素イメージセンサー搭載か

Kuo Ming-Chi氏は、2022年下期の新型iPhone(iPhone14)は、ハイエンドの6.7インチと6.1インチ、廉価版の6.7インチと6.1インチの4モデルでラインナップされると予測しており、5.4インチのminiバージョンをリリースしなくなる可能性が高そうです。

iPhone14の広角カメラは4,800万画素に大幅アップ

6.7インチのハイエンドモデルと6.1インチのiPhoneに搭載される広角カメラは、4,800万画素(1/1.3インチ)と大幅にアップするため、イメージセンサー(CIS)、レンズ、CMOSカメラモジュール(CCM)の平均販売価格(ASP)も大幅にアップします。

iPhone12と比較して、iPhone14の4,800万画素カメラのCIS、レンズ、CCMのASPは、それぞれ約90~110%、50~70%、50~70%と大幅に増加すると考えられています。

現在Appleとのサプライヤーは、SONY(CIS)、Largan Precision(レンズ)、LG Innotek(CCM)です。

source:iPhoneMania

Photo:IT之家

source:Gizchina

この記事を書いた店舗情報

名古屋栄店

460-0003
愛知県名古屋市中区錦3丁目21−18中央広小路ビル1F

090-8865-8787

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中