iPhone12s Proシリーズは高リフレッシュレート実現か

iPhone修理ダイワンテレコム池袋店でございます。

2021年の新型iPhoneであるiPhone12s ProシリーズあるいはiPhone13 Proシリーズには高リフレッシュレートディスプレイが搭載される可能性があるとの事です。

LTPOディスプレイが搭載されるスマートフォン

ディスプレイ業界に詳しいDSCCの最高経営責任者であるロス・ヤング氏はTwitterで2021年内に低温多結晶酸化物ディスプレイを搭載し登場するスマートフォンの名称を投稿しています。

その中には2021年の新型iPhoneであるiPhone12s ProやiPhone12s ProMaxも確認できます。

尚、名称についてはiPhone13Proと予測しているメディアも存在します。

 

省エネで高リフレッシュレートディスプレイ

iPhone12s Proシリーズに搭載が噂されている120HzリフレッシュレートディスプレイはSamsung displayの1社供給となる「低温多結晶酸化物(LTPO) – 薄膜トランジスタ(TFT) 有機ELディスプレイパネル」が採用される可能性が高いと予想されています。

このディスプレイの特徴としては高いリフレッシュレートを誇りながらも消費電力を抑える事が可能です。その為、iPhone12s Proシリーズには搭載されるのではないかと予想されています。

 

 

引用元:Twitter(@DSCCRoss)

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中