iPhone12の売れ行きは?

こんにちは

 

iPhone修理のダイワンテレコム池袋店のブログです。

今でも高い人気を誇るiPhone12シリーズはこれまでのiPhoneよりも販売台数が多く、2021年第2四半期(4月~6月)にはiPhone全体の63%を占めています。この売れ行きは初動でもiPhone6シリーズを上回っており12シリーズの期待の高さを認識できました。

しかし、その一方でiPhone12シリーズの中で1機種だけ大きく成果を出せなかったモデルがありました。

 

iPhone12シリーズで売れなかったモデル

アメリカの市場調査会社であるConsumer Intelligence Research Partners(CIRP)によると、2021年第2四半期におけるiPhoneの機種別販売台数シェアは、iPhone12シリーズが全体の63%を占めました。

iPhone12シリーズはiPhone11の後継モデルになりますが発表当時からかなりの注目を集めていました。

個別の機種ではiPhone12 Pro MaxとiPhone11がそれぞれ23%と、最も大きなシェアを獲得しています。

 

高価なiPhone12 Pro Maxがよく売れていることで、米国加重平均小売価格(US-WARP)は869ドル(約95,430円)と、前年同期に比べてかなり上昇しました。

12ProMAXはサイズも大きくトリプルカメラで11ProMAXよりよりカメラなどの機能が特化しています。

 

しかし好調なiPhone12シリーズの中でもiPhone12miniだけは例外でした。最もシェアが小さかったのはiPhone12 miniとiPhone XRでそれぞれ5%でした。

12miniはiPhoneSEのフルディスプレイ版として待望のデビューを果たしましたが実際はそこまで人気がなく、乗り換えるユーザーも少ないのが現状です。

iPhone12 miniの不調についてはティム・クックCEOも認めており、すでに製造が終了しているとの情報もあります。

乗り換えず同じiPhoneを使い続けているユーザーも

レポートでは新しいiPhoneを買う前にどれくらいの期間同じiPhoneを使い続けていたかについても報告されており、37%が2年以下だったのに対し、30%は3年以上使っていたそうです。

 

iPhoneの販売経路については、販売台数の27%はAppleのオンラインストアまたは実店舗のApple Storeで購入されています。

5、6年使い続けているユーザーも来店されたことがあります。愛着も勿論ですが最近のシリーズはフルディスプレイモデルやサイズが大きいものしかないので古いモデルを愛用している人ほど乗り換えに躊躇するのではないかと思いました。

 

source:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧