Googleフォト、来年5月末で無料プラン終了 15GB以上は有料へ

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム梅田店です。

 

米Googleは、2021年5月末をもって『Googleフォト』の高画質、エクスプレス画質でのバックアップサービスを終了すると発表しました。

Googleフォトは無料・無制限で写真を保存できるクラウドサービスとして人気を集めていましたが、変更後には無料で使用できるデータ量が有限となります

 

 

Googleフォト、無料無制限プランは終了し、15GB以上は有料へ

「Googleフォト」は米Googleが提供している、写真・動画ファイル用のクラウドストレージサービスです。

 

1. 高画質で保存(無料、容量無制限)

2. エクスプレス画質で保存(無料、一部の地域でのみ利用可能)

3. 元の画質で保存(無料、最大 15 GB をフォト / Gmail / ドライブで共有、Google One で容量を追加可能)

現在これら3つのバックアップオプションが用意されており、特に『高画質で保存』『エクスプレス画質で保存』は完全無料で容量無制限に写真や動画を保存できることから非常に高い人気を集めています。

しかしながら、2021年6月1日以降は『高画質で保存』および『エクスプレス画質で保存』が『元の画質に保存』に統合され、無料で利用できるのは最大15ギガバイト(GB)分までの制限が設けられます

 

無料分の保存容量の上限に達した場合は、Google Oneで保存容量を追加購入するか、保存しているコンテンツを削除する必要があるとGoogleはアナウンスしています。

 

来年5月末までに保存されている分は無料・無制限が継続

2021年5月末以前にバックアップしていた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画は、最大15GBの保存容量を使用しないと説明されています。

より多くの写真や動画をGoogleフォトにバックアップしておきたい場合には、変更前にファイルのバックアップを行っておくとお得に変更後のGoogleフォトを利用できるようです。

 

 

Googleフォト無制限無料終了の前に、やるべきことは

Googleフォトの仕様変更について、ユーザーの不安の声を取り除くためにGoogleではいくつかの詳細を案内しています。

 

まず即時対応の必要性の有無について、「ほとんどのユーザーは保存容量の上限に達するまで数年かかる」として、即時対応の必要性を否定しました。

また、対応が必要となるユーザーについてはGoogleから個別対応となるようです。

 

 

保存容量が不足すると予測される時期について、ユーザーがGoogleフォトを使用する頻度などに基づき、Googleアカウントの保存容量上限に達するまでの推定期間を知ることができます。

また、2021年6月より新たに無料のストレージ管理ツールが利用できるようになるとアナウンスされています。このツールにより、暗い写真やぼやけた写真などをはじめ不要な写真を簡単に取捨選択し、削除できるようにするということです。

 

 

Googleフォトの代わりになる完全無料無制限クラウドサービスは?

Googleフォト以外にも、写真・動画向けの無料クラウドストレージサービスは存在します。

しかしながら、5G以上は有料となるiCloudや、無制限ながら有料年間会員への登録が必要となるAmazon Photosはあるものの、完全無料無制限のサービスはGoogleフォト以外には現れていないのが現状です。

とはいえ15GBという大容量を使い切ることはそう多くなく、それまで無料で利用することができるGoogleフォトは仕様変更後でも非常に重宝するサービスだと思われます。

source:Google

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中