写真に位置情報を加えない方法【ダイワンテレコム宇都宮店】

 

みなさんがお使いのiPhoneで写真を撮ったときは、「位置情報サービス」により撮影した場所の情報も含まれます。

これは、過去自分が撮った写真を地図上で場所とともに見ることができるという点では、大変便利な機能です。

 

しかし、写真がどこで撮られたかを特定することができるということは、「特定」して悪用することもできてしまいます。

これまでのブログにおいて、セキュリティ対策として様々な方法をご紹介してきました。

 

そこで今回は、セキュリティ対策の中でも「写真の位置情報」に焦点を絞って、iPhone写真に含まれる位置情報を削除する方法と、撮影時に位置情報を付け加えない方法をご説明していきます。

 

写真に含まれる位置情報を消す方法

まず、すでに撮影した写真の位置情報を消す方法をご説明します。

これを行うためには、iPhoneの機能のみではできないため、

無料のWebアプリ「Squoosh」を使います。

 

Squoosh」は写真の画質や品質を落とすことなく、写真の容量のみを小さくすることができるWebアプリです。

 

利用方法

1.「Squoosh」のWebページにアクセス

2.「select an image」をタップ

3.表示される3つの項目から「フォトライブラリ」を選択

4.カメラロールの中から位置情報を消したい写真を選択

5.そのまま右下の「選択」ボタンをタップ

6.画面下にある「BottomMoz.JPEG)」をタップ

 

すると、圧縮された画像が「ファイルアプリ」にダウンロードされます。

 

これにより、写真の容量を大きく減らしつつ、位置情報を含む写真のmeta情報を削除することができます。

 

このアプリは、Googleが提供しているということもあり、安心して使うことができます。

どなたでも登録不要・無料で使えますので、ぜひご利用してみてください!

 

 

写真撮影に位置情報を入れない方法

次に、写真を撮影する際に位置情報を入れない方法をご紹介します。

 

設定方法

1.「設定」アプリを開いて、「プライバシー」をタップ

2.「位置情報サービス」をタップ

 

3.アプリ一覧の中から「カメラ」を選択

4.位置情報の利用許可で「なし」を選択

 

 

このように設定しておくことで、写真を撮影した時に位置情報が入らなくなります。

 

最後に

今回は、iPhoneのセキュリティ対策の一つとしても行える「写真の位置情報を消す・入れない」方法をご紹介しました。

 

写真の位置情報によって、自分の生活圏や自宅の場所などがバレてしまう可能性があります。

そうなる前に、今回ご紹介した方法を参考にiPhoneの写真に位置情報が含まれないようにしましょう!

 

また、下のブログでは様々なセキュリティ対策をご紹介していますので、ぜひご覧ください

 

iPhoneのセキュリティ対策

  ↓

https://www.iphone-d.jp/store/utunomiya_store/blog/12877.php

 

iPhoneのセキュリティ対策アプリ

https://www.iphone-d.jp/store/utunomiya_store/blog/13081.php

 

 

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中