iPhone XS/XS Maxの電池残量を確認する一番簡単な方法

こんにちは

アイフォン修理のダイワンテレコム梅田駅店です。

iPhone XやiPhone XSには液晶画面の上部にノッチと呼ばれるでっぱりがあります。

ノッチによってステータスバー(時計や電波状態、時間を表示する画面上部の領域)が半分ほど失われています。

  

 

そのため、iPhone 8以前の機種では確認できたバッテリー残量をパーセント表示するスペースがなくなり、一目でバッテリー残量を細かく確認することができなくなりました。

  

 

 

iPhone XSでは上記の画像のようにバッテリー残量を常にパーセント表示させることができなくなっています。

 

ノッチがある機種でバッテリー残量をパーセント単位で確認する方法

ノッチがある機種ではコントロールセンターを開くことで、バッテリー残量をパーセント表示させることが可能です。

コントロールセンターを開くには画面の右上から下にスワイプします。

  

 

 

コントロールセンターはどんな画面でも開くことができます。

例えば、YouTubeやゲームアプリを横画面(ランドスケープモード)で使用していても、同様に画面右上を下に向かってスワイプすればコントロールセンターを表示してバッテリー残量をパーセント表示させることができます。

ぜひ活用してみてください。

 

iPhoneのバッテリー状態を確認して、充電もちを改善する方法

iPhone XSは最新機種であるためバッテリーもちが良く、あまり充電の心配をする必要がないかもしれませんが、iPhoneに搭載されているバッテリーはリチウムイオン電池というもので、経年劣化による充電容量の減少が起こります。

バッテリーがすぐに無くなっている気がしたら、「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」から、新品時に比べてどれだけバッテリーが劣化しているかを確認することができます。

バッテリーの最大容量が75%を切りそうになっていたら、バッテリーを交換することをおすすめします。

また、バッテリーの最大容量はあまり減っていないにも関わらず、バッテリーの減りが早く感じる場合は、「設定」→「バッテリー」から、どのアプリがバッテリーをどれだけ消費しているか確認することが可能ですので、バッテリー消費の大きなアプリの使用を抑えてみたり、アンインストールしてみたりするといいでしょう。

また、一度完全にiPhoneの電源を切ることでもバッテリー消費を改善することができる場合があるので、再起動するのも一つの手です。

 

Photo:appllio

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中