修理レポートXperia X Performanceバッテリー交換

Xperia X Performance バッテリー交換

SONY X Performanceのバッテリー交換はXperiaシリーズの中でも5本の指に入るほどご依頼が多い機種になります。

Xperiaのバッテリー交換はiPhoneと違い機種毎に分解する過程が異なる為、60~90分ほどのお時間をいただいております。(iPhoneは10分、iPadは60分ほど)

分解手順

Xperiaはほとんどがバックパネルを外す事から始めます。

バックパネルは粘着テープで接着されている事から、ヒートガン(ドライヤーなど)で熱を加えて粘着と弱めてゆっくり外してゆく事が必須です。

(注:バックパネルはガラスでできているので無理矢理剥すと割れます)

また、Xperiaのバックパネルは機種によっては接着されているテープの箇所が増える事もある為よくよく観察しながら外す事が必要です。

部品を順番に外す

バックパネルを外したらまずは

①SIMトレーを外す

②基盤カバーのネジを全て外す(数カ所あるカバーの爪を折らないように)

③基盤カバーを外してインカメラ、バックカメラ各種コネクタを外す

④基盤を上部から慎重に外す(本体から外す際は無理矢理外さない慎重に!)

バッテリーを外す

バッテリーは粘着テープで強固に接着されているので粘着テープを切らないように取り外します。(ほとんどの場合は劣化によりテープが切れます)

テープが切れてしまったら、配線に傷をつけないように少しずつ剥がして行きます。(トランプなどのプラスティックカードを使うのが良いかもしれません)

バッテリーを外す際はくれぐれもバッテリー本体に傷をつけないようにしてください

(バッテリーは破損させると最悪の場合発火・爆発の危険があります)

新品バッテリーを入れる

 

機種に沿った規格通りのバッテリーを装着します。

バッテリーは誰にでもに出来そうな作業に思われがちですが、一般の方が自分でバッテリー交換してご相談にこられる件数も少なくありません。

バッテリーと基盤劣化

iPhone、Xperia問わずスマホ・タブレットは全て消耗品です。新品・中古で何年使用しても壊れない端末もあれば数ヶ月で壊れてしまう端末もあります。

様々な部品がある中、バッテリーは基盤に直接電力を供給するメインの部品です。

”劣化(電圧が下がった)したバッテリー”から”新品(電圧の高い)のバッテリー”へ交換すると僅かな電圧の変動が起こります。通常はバッテリー交換しても基盤の耐性が備わっていますが、経年劣化などにより基盤側の充電系ICが変圧に耐え切れず故障してしまう事例がございます。

「充電ができなくなる」

「一定量充電が増えない」

このような症状が発生した場合は当店では基盤修理となりますのでお困りの際はご相談ください。

名古屋でXperiaのバッテリー交換

愛知県全体で見てもXperiaのバッテリー交換ができる修理店は数が少ないです。名古屋駅前店ではAndorid(HUAWEI,ASUS,ZENFON,Xperia,Google,Galaxy),iPhone,iPad,iQOSなどの様々な機種に対応した修理店となります。

iPhone専門修理店ではなくスマホ修理店として一歩も二歩も知識・経験共に進歩しており、これからもより多くのお客様に安心してご利用いただけるスマホ修理専門店として是非ご利用ください。

この記事を書いた店舗情報

名古屋駅前


人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中