iOS14ではSafariに翻訳機能などが対応となる


[公開日:2020/06/03]

こんにちは。アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。

次期iOSのiOS14とiPadOS14では、Safariのブラウザに翻訳機能が搭載される可能性があるとの報告がありました。これは流出したiOS14のソースコードから判明したとの事です。

Safariに翻訳機能が搭載される

 

iOS上では、Siriによって単語やフレーズを翻訳する事ができるようになっています。ですが、新しい機能が追加されるSafariでは、外部のアプリやサービスを使う事なくWebページを翻訳できるようになるようです。

 

翻訳機能は、各Webサイトの個別のオプションとして利用できますが、自動翻訳を行う事もできます。Safariが言語を検出しコンテンツを正しく翻訳するのですが、ページを再読み込みせずにオリジナルの言語と翻訳されたテキストを切り替える事も可能になるようです。

 

Appleがこの翻訳機能を拡張するのはSafariだけではありません。Apple Storeなどの他のアプリでもテストが行われており、アプリの説明やレビューを翻訳する事ができるとの事です。

 

さらに、この翻訳機能はNeural Engineを使用してローカルで処理されるので、インターネットに接続していないオフライン状態であっても、Safariで翻訳する事ができるのです。データをAppleに送信する事もありませんし、将来的にはSiriがオフラインでも翻訳できるようになるとしています。

 

また、その他にもiPadOSではWebサイトのApple Pencilの入力サポートが拡張され、スクロールやタッチだけではなく文字や描画、マークアップにも対応すると見られています。

 

これらの機能が拡張されるiOS14は6月22日から始まる、WWDC2020にて、macOS、watchOS、tvOSと共に発表されると見られています。

 

source:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧