iPhone11/11 Proのカメラ機能「ナイトモード」の性能とは

先行ユーザーによる試し撮りが公開

AppleはiPhone11/11 Pro/11 Pro Maxの発表イベント内でもナイトモードで撮影された写真の美しさの紹介に時間を割いていました。

WebサイトでもiPhone11シリーズの最大の特徴の一つとして紹介されています。

確かにイベントで映し出されたナイトモードで撮影された写真やWebサイトに掲載されている写真を見比べると、夜に撮影されたものなのか?と思うほど鮮明な写真に仕上がっているのがわかりますね。

 

プロモーション用に撮影された画像

プロモーション用に撮影された画像ですと、確かに暗い場所での撮影なのかもしれません。

しかし、あまりにも綺麗な写真なので各種条件を揃えて綺麗に写るように調整しているのではないかと勘繰ってしまいます。

しかし、iPhone 11を先行入手したユーザーが実際にこのナイトモードを試している写真がTwitterに投稿されており、Appleがナイトモードの写真の美しさを誇張していないことが判明しています。

A13 Bionicによる画像処理能力

ナイトモードは露光時間を長くする・明るいレンズを使うなど、光学的に明るさを追求するのではない機能となっています。

一度の撮影で複数の写真を撮影することで画像処理に使うデータを増やしていて、A13 Bionicチップの高い処理能力に任せて明るくノイズが少ない・シャープな写真を現像する仕組みとなっているようです。

そのためナイトモードの機能はiPhone11/11Pro/11Pro Maxでしか使えません。

最新モデルの大きな特徴となっています。

 

本日発売のiPhone11ですが、従来機種を使い続けるのか、最新のiPhoneに機種変更するかを迷っている人も多いのではないでしょうか?

写真をよく撮影されるというユーザーであればiPhone11シリーズ購入への大きな魅力だと思います。

 

Source:9to5Mac

 

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧