iPhoneの電源が落ちる原因と対処法

 

iPhoneの電源がすぐに落ちる原因

 

iPhoneは精密な機器ですので、小さな原因でも電源が落ちるという不具合が生じます。原因は数多くありますが、以下が挙げられます。

 

①バッテリーの劣化

②アップデートによる不具合

③高温での使用

④水没による故障

 

電源が落ちる原因を調べ、どれに該当するかを考えることが大切です。

 

アップデートによる不具合

アップデートによって電源が落ちてしまうことはあります。

アップデート後に追加された新機能が正常に作動していなかったり、

アップデートによってシステムが変更されていたりすると、電源が落ちることがあります。

場合によっては、アップデートもマイナスに働く可能性があることは理解しておかなければなりません。

 

高温での使用

連続使用が続いたり、暑いところで放置していたりすると、電源が落ちるどころか、

ある程度温度が下がるまで電源が入りません。iPhoneは温度変化に弱いため、

高温になり過ぎないよう注意して扱う必要があります。

 

バッテリーの劣化

バッテリーは経年によって劣化するため、同じ端末を何年も使っている場合は、これが原因である可能性が高いです。

また、使用期間が短くても、連続使用や高温の環境に放置するといった、

使い方次第では早期に劣化を招いてしまうこともあります。

水没による故障

本体故障によって電源が落ちるケースも多く、特に水没が関係することは多いです。

iPhoneは多少の水濡れでは故障しませんが、完全防水ではないため注意が必要です。

本体全部が水に浸かってしまうと故障する可能性は高く、電源が落ちるどころか起動しなくなる可能性もあります。

iPhoneの電源が落ちたときの対処法

電源が落ちる原因は複数あり、それぞれに対処法があります。不具合が頻発しているなら、

素早く対処することが大切で、対処法を試して問題の解決を図りましょう。

 

リセットする

iPhoneの内部環境が複雑化したことによって、電源が落ちるケースは多いです。

設定がややこしくなっていて不具合が生じているため、一度リセットしてみることが大切です。

工場出荷時に設定を戻すことで、スムーズに起動する可能性はあります。

複数設定をしている場合は、不要なものを解除していくと不具合が防げることもあります。

また、初期化までするのは面倒な場合は、本体を再起動するだけでも問題ありません。

再起動によって一部設定がリセットされ、これだけで問題が解決することもあります。

まずは再起動で様子を見て、それでも改善されない場合にリセットと段階を踏むのがおすすめです。

 

アップデートを試す

アップデートによって不具合が生じた場合は、次のアップデートで問題解決が図れることが多いです。

改善されたバージョンが出るまではある程度時間がかかりますが、

バグの修正が実行されることは確かです。アップデートで失敗したからといって、次回以降更新しないのはよくありません。

 

使わないアプリのアンインストール

データ容量をすっきりさせることも大切なため、不要なアプリはアンインストールするのがおすすめです。

全く使っていないアプリでも、インストールされているだけで容量を使用しています。

 

バックグラウンドを見直す

マルチタスクをすると電源は落ちやすくなるため、バックグラウンドのアプリはできるだけ消しておくことが大切です。

使っていないものまでバックグラウンドで起動しっぱなしになっていると、本体への負荷が大きくなります。

 

まとめ

いかがでしたか?原因が分かれば対処法を試してみて改善される可能性も高いので是非試してみて下さい!

 

この記事を書いた店舗情報

八千代店

276-0049
千葉県八千代市緑が丘イオンモール八千代緑が丘

047-481-8635

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中