【フレーム矯正について】

[2021/07/05]

 

 

【フレーム矯正について】

 

こんにちは。

iPhone(アイフォン)修理ダイワンテレコム大船店です。

 

本日はフレーム矯正についてをご紹介します。

 

お持ち込みいただく端末で多いのがこのフレーム矯正。

 

端末を落とす・ぶつけたなどの衝撃によりガラスが割れなくてもフレーム自体は衝撃によって歪みます。

 

特に多いのがiPhone 5Sと初代SE。5S/SEはフレーム自体が他のiPhoneと違いフレーム自体が柔かい為ちょっとした衝撃ですぐに曲がってしまいます。

 

修理前はフレームが歪んだままガラスは外れずにフレームにガラスは収まっていますが、修理の際にフレーム自体が歪んでいると高確率で修理後ガラスが収まらなくなります。

 

なぜかと言うと・・・

 

修理時はガラス(フロントパネル)を外してから作業に入るのと、ガラス・フレームは元々の形が決まっているのでフレーム自体が歪むと決まった形ではなくなってしまっている為フレームの矯正を行わないとガラスが収まらなくなります。

 

フレーム矯正(板金)を行わないでそのまま無理にガラスを収めようとするとガラスが割れてしまいます。

 

 

ですので、フレームの曲がりを発見した際は別途フレーム矯正代金は掛かりますがフレーム矯正を行わせていただいております。

 

8以降はリアパネル(背面パネル)がガラス製になっているので大きくフレームが歪んでいる場合は、矯正が出来ない場合がございます。また損傷がかなり激しい端末に関しましては状態によっては修理ができない場合もございますので予めご了承くださいませ。

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中