【簡単解決★】iPhoneのカメラが使えない…⁉

[2020/10/24]

こんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム広島本通店です♪

 

 iPhoneで写真を撮ろうと思った時、

・「画面が表示されない」

・「カメラ起動しているのに真っ暗なまま」など困ったことありませんか?

今回はカメラ起動させてもブラックアウト(真っ暗なまま)になってしまう原因についてご紹介していきます。

 

iPhoneカメラが使えなくなる原因は?

いざ、写真を撮ろうと思ってカメラを起動させたら、「え?暗いまま対象物が映らない」ってことが起きたら困りますよね。

そのことについてご紹介していきます。

今すぐ自分でできる対処法もありますので、試してみてください。

 

①.パーツの故障

iPhoneのカメラにはリアカメラ(アウトカメラ)とインカメラの2つが搭載されています。

これら2つは互いに違う2つの部品によってカメラ機能が使用できるようになっています。

そのため、まずはリアカメラの調子が悪いのか、インカメラの調子が悪いのかを判断してください。iPhoneを落下させてしまったことにより、どちらかのパーツが故障・エラーを起こしてしまうとカメラは起動できなくなります。その場合は、iPhone修理店でパーツの交換が必要になります。

 

②.システムエラー

iPhone自体が何らかの理由でエラーを起こしてしまいカメラが起動しなくなるということが起こります。その場合は、一度端末を再起動させてください。iPhoneは再起動させることにより、多少のバグを解消させることができます。バグが解消されれば、カメラが利用できるようになります。

 

③.基板の問題

落とした衝撃や水没影響で、基板が壊れてしまったりという可能性が考えられます。その場合はデータ復旧サービスを行っているiPhone修理店に依頼することをオススメします。

 

④.ストレージ不足

iPhoneの容量不足により写真が撮れなくなるという事が発生します。

iPhoneX以降は写真がとても綺麗に撮れるようになりました。しかし、その分端末の容量を使用しているのです。オススメとしては、端末からいらない写真やデータを削除することです。

前もってデータをクラウドに保存するかバックアップをとっておけばデータが消えることはないです。

 

パーツの交換はiPhone修理店へ

iPhoneのカメラが利用できなくなったら様々な場面で困りますよね。その為、壊れたら早めに修理することをオススメします。

是非、ダイワンテレコム広島本通店まで!

 

iPhone修理のダイワンテレコム広島本通店

〒730-0032

広島県広島市中区立町5-19 杉本テナント1F

050-8880-1316

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中